江戸のBLコミック『百と卍』がメディア芸術祭で優秀賞受賞!

江戸漫画の革命児・紗久楽さわが描く初のBL作品『百と卍』が、第22回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門にて優秀賞を受賞しました! 担当編集が「もう、二人を見守る障子になりたい…」と言ってしまうほどの、極上、あまエロス。 伊達男〈攻〉と陰間(かげま)あがり〈受〉の溺れるほど愛おしい“江戸男子の艶ごと”をこの機会に是非ご堪能ください! ご購入はこちらから

続きを読む

日本史における「勝者」の条件とは――祥伝社新書『乱と変の日本史』(本郷和人・著)

本書は、本郷和人先生(東大史料編纂所教授)に「ひとつの戦いに絞るのではなく、日本史の転換点となった乱と変を10ほど抽出して、おのおの考察していただけませんか」との依頼から始まりました。それらを俯瞰することで、日本史の本質が見えてくるのではないか、と考えたからです。 頼朝を決意させた一言 具体的には、なぜ起こったのか(背景)、誰と誰が何のために戦ったか(構図)、どう進展したか(経過)、何を…

続きを読む

見るとほっこり。本屋大賞ノミネート作品「ひと」に、あの人からイラスト付き応援メッセージ!

2019年本屋大賞に『ひと』(小野寺史宜・著)がノミネートされました! 「この本に出会えて、本当によかった!」と感動と共感の声、続々と届いております。 そんな中、『大家さんと僕』の矢部太郎さんから、人柄がたっぷり詰まったメッセージをいただきました。 ぜひご覧になって、『ひと』の作風を感じてください! 矢部太郎さんのメッセージはこちらから 『ひと』購入はこちらから

続きを読む