この秋、時代小説に大注目! 小学館と祥伝社の異色コラボで、書店フェア開催!!

「時代文庫 秋の陣 次はこれだ!!」
この秋に是非読んで欲しい時代小説を、選び抜きました!


読書シーズンの到来、今年の秋は「時代小説」が熱い。

今年、「時代小説文庫」という新しいブランドを始動させ、上田秀人、鈴木英治、金子成人、土橋章弘などの新作・話題作で気を吐く小学館と、葉室麟、辻堂魁、今村翔吾など、時代小説のヒット作を生み出している祥伝社。10月中旬からこの2社合同フェアがスタートしました。フェアの名はずばり「小学館×祥伝社【時代文庫 秋の陣 次はこれだ!!】」。

フェアには北海道から九州まで全国主要都市の書店が参加し、コラボ・コーナーには特製提灯とパネル、手作りPOPが掲げられ、新聞でもフェアが告知されます。既に発売された作品や、シリーズ途中のタイトルは注目されにくく、個性の違う2社が、次代を担う選りすぐりの著者による作品との出会いの場を作りました。

きっと、あなた好みの作品に出会えるはず!

アクション、サスペンス、ラブストーリー、すべてのエンタメ要素を含む日本独自の小説スタイル「時代小説」の売り場にぜひ足をお運びください。

フェア参加書店はこちら



▼オリジナル提灯が目印です!
2-2.JPG
4-1.JPG